初代会長
西國 宏冶

会長挨拶

会員同士で『ライオンズを楽しむ』

私たち、札幌レ・リアンライオンズクラブは2023年3月7日 世界で153,791番目のクラブとして、8名のトランスファーメンバーと17名の新メンバーをむかえ、総勢25名のチャーターメンバーのもと、ライオンズクラブ国際協会より認証を受け、誕生いたしました。

当クラブは、会員同士で「ライオンズを楽しむ」をモットーに、例会を行ない、コロナ禍で思うように事業を行なえなかった スペシャルオリンピックス北海道 への金銭支援と労力支援を柱に チャイルドライン北海道 への金銭支援、リンゴの木オーナー制度を利用した養護施設への食糧支援から初年度をスタートし、少しずつ厚みと深みのある奉仕活動を展開してまいります。

今期のスローガンを 「絆」人と人との結びつきWe serve といたしました。
私たちは、みな同じ「ひと」であり「ひと」として、身体障がい者・知的障がい者・患者・子供・老人など社会的弱者に対し、微力ながらお手伝いをすることで、メンバー同士の「絆」を深め、たとえ小さな奉仕であっても、その輪が広がれば、世界中に行き渡る との願いをこのスローガンに込めました。

今後は、1日でも早く331-A地区の一員として貢献できるよう精進してまいりますので、どうか温かい目で見守っていただけましたら、幸いです。

札幌レ・リアンライオンズクラブ
初代会長L西國 宏治

スローガン

重点目標

  1. 地域社会との絆を持って協力する
  2. 青少年育成と貧困生活者への支援
  3. スペシャルオリンピックス北海道への支援
  4. チャイルドライン北海道への支援
  5. 地域とアラートを結ぶ方向性を模索する
PAGE TOP